ホーム » 【コラム】指導者育成に、ビデオを使った客観的な省察を

【コラム】指導者育成に、ビデオを使った客観的な省察を

10年ほど前から、折に触れて見ているTEDのプレゼンテーションがあります。

8分ほどの短いプレゼンテーションですし、日本語のトランスクリプションもついています。教師教育に関心があって、まだご覧になったことのないかたには、ぜひ通して見ていただきたいビデオです。

プレゼンテーションは、教師が世界で一番重要な仕事でありながら、上達のための系統的なフィードバックが与えられていないという話から始まります。そして、教師の継続的な上達を助ける仕組みとして、教師自身が自分の授業の様子をビデオで撮影しての振り返り(省察)、そして優れた教師の教え方をビデオで見られる仕組みの2つを提案しています。

これは2013年のプレゼンテーションですから、その後、この事業はどのように進んでいるのでしょうか、知りたいところです。

もちろんアメリカ、それから例として出てくる中国・上海の教師教育の事情は日本とは違うと思いますから、そのまま当てはめてはいけないかもしれません。
それでも「教師の継続的な上達の仕組み」「優れた教師の教え方を見て学べる仕組み」「同僚の授業を見てお互いにフィードバックできる仕組み」というのはあれば素晴らしいと思いますし、実際にそうした取り組みを積極的に行っていらっしゃる、大学の教師教育分野の先生がたにも数多くお会いしてきました。

Vosaicや、それを用いた客観的な振り返りの手法で、授業計画や指導要領や学術書だけでは伝えられない「コツ」の部分を伝えられるようにし、教師教育を含めたさまざまな分野の「教え」と「学び」のスタイルに変革をもたらしたい。今の日本にとって重要なことは言うまでもない、教育分野への貢献も目標として、今後チャレンジしていきます。

Vosaic国内総代理店 橘図書教材/橘 肇)

Vosaicについて

Vosaicはアメリカ・ネブラスカ州リンカーンに本社を置くFACTSが展開する、教師教育、医療教育、指導者育成、専門能力開発のためのビデオプラットフォームです。
数多くの教育機関、学区、医療機関、ビジネスコーチング会社等に採用され、模擬授業やシミュレーショントレーニングなどのフィードバック、省察など、専門能力の開発のために用いられています。

タグ: