ホーム » 【コラム】手書き配球表の役割は?

【コラム】手書き配球表の役割は?

オンライン授業で話すネタを探して、ダンボール箱を漁っていると….

お、これは!

大学時代に私が自分で記入した「配球表」が出てきました。

当時、ビデオの撮影と試合ごとの配球表はマネージャーがつけてくれていたと記憶していますが、特にそこからの分析はやってませんでした。なので、自分で相手チームごとにまとめてみたんだと思います。
これこそ「手作業による記述分析」1)ですね。

一緒にこんなものも出てきました。広告の裏紙というところがいいですね。この画像では隠していますが、後々プロ野球で大活躍した選手の名前が2名あります。

集計した数字から何かを言うには少なすぎますし、「量的分析」というよりもむしろ「質的分析」に近いのかもしれません。つまりこの見立てが正しいかどうかは、判断していた私の「目」次第ということになりますが、さて、どうだったのでしょう。

はっきりしているのはこの見立ての通りに投げるコントロールがなくて、大ホームランを打たれたということだけです。

時は流れて約30年後。テクノロジーの進化は、私の作る配球表もデジタルに変えました。

では、「手書きの配球表」は役目を終えたかというと、そうでもないのが面白いところです。

試合中にはやはりこうした手書きの配球表(復元)を記入して、試合後すぐに画像でコーチングスタッフの方に送っていたのです。

『スポーツパフォーマンス分析入門』によれば、カーディフ・メトロポリタン大学では、レベル5(学部2年生)においてソフトウェアを使った実習を行う前に手作業による記述分析を扱うことにしており、「手作業による記述分析システムを開発することは、スポーツパフォーマンス分析を学ぶ学生にとって有益なトレーニングになる。」とも記されています1)(その理由も書かれておりますので、書籍をお持ちのかたはご覧ください)。

しかし単に「学生のトレーニングとして有益」という価値だけではない気もしています。もちろん「紙とペン」で済む経済的な理由もそれでしょうが、「柔軟性」「一覧性」「質的情報の追加」という観点からのメリットもあるように感じます。

どれだけ高性能のパフォーマンス分析ソフトウェアでも単独で全てをカバーできるわけではなく、意外と「痒いところに手が届かない」ものだと、少なからず感じることがあります(もちろん、今私が販売しているソフトでも)。そのあたりも今後、考えてみたいところです。

1) オドノヒュー:中川昭監訳,橘肇・長谷川悦示訳(2020)スポーツパフォーマンス分析入門――基礎となる理論と技法を学ぶ,大修館書店,p.88.

(橘肇/橘図書教材)