スポーツ関連事業

20年間、スポーツパフォーマンス分析ソフトウェアの輸入販売に取り組む中で、日本のスポーツ界における映像やデータ活用の進化に関わることができました。
競技の現場だけではなく、スポーツ科学や体育科学の教育の中にもパフォーマンス分析を広げていくべく、さまざまな仕事に取り組んでいきます。

スポーツパフォーマンス分析に関する執筆、翻訳

スポーツパフォーマンス分析の普及に貢献するため、海外文献の翻訳や、雑誌記事の執筆を行っています。

スポーツパフォーマンス分析に関する記事の執筆
創刊40年を超える老舗のスポーツ医科学専門誌「月刊トレーニング・ジャーナル」において、2020年1月号から2年間『スポーツパフォーマンス分析への招待』を、そして2022年1月から2年間『実践・スポーツパフォーマンス分析』を執筆しました。
スポーツパフォーマンス分析の目的や手法について、日本のスポーツパフォーマンス分析研究の第一人者である中川昭先生(京都先端科学大学特任教授、日本コーチング学会会長)にご監修いただきながら、わかりやすく解説することを念頭に執筆しました。

出版社 ブックハウス・エイチディ
http://www.bookhousehd.com/

2022年4月24日発売「スポーツパフォーマンス分析への招待 ー 勝利の秘密を読み解く、もう1つの視点」出版社サイト
「月刊トレーニング・ジャーナル」で連載していた『スポーツパフォーマンス分析への招待』(2020年1月〜2021年12月)が書籍として出版されました。
スポーツパフォーマンス分析を学ぶの方の入り口として、現場の指導者の方には指導や授業の際の手引きの1つとして、ぜひご参考にしていただければと願っています。

書 名 『スポーツパフォーマンス分析への招待 ー 勝利の秘密を読み解く、もう1つの視点』
出版社 ブックハウス・エイチディ
著 者 橘肇
監 修 中川昭
http://www.bookhousehd.com/booktjs025.php

2020年2月13日発売「スポーツパフォーマンス分析入門 ー 基礎となる理論と技法を学ぶ」出版社サイト
スポーツパフォーマンス分析教育で有名なイギリスのカーディフ・メトロポリタン大学で学部生向けに使われている書籍『An Introduction to Performance Analysis of Sport』の翻訳に参加させていただきました。
学生から現場のアナリストまで、この分野にご興味のあるかたの参考書となる一冊です。

書 名 『スポーツパフォーマンス分析入門 ー 基礎となる理論と技法を学ぶー』
出版社 大修館書店
著 者 ピーター・オドノヒュー
監訳者 中川昭
訳 者 橘肇/長谷川悦示
https://www.taishukan.co.jp/book/b497373.html

上記2点の書籍は、日本コーチング学会ウェブサイトの「学会員の書籍紹介」のページにも掲載されております。ぜひそちらもご参照ください。

日本コーチング学会 > コーチング学のリソース > 学会員の書籍紹介 > 研究法

スポーツパフォーマンス分析に関する講義・講演

スポーツパフォーマンス分析について、経験と取材から得た情報をお話ししています。一般の方にはスポーツ観戦の際の興味を深める一助となるよう、学生にはスポーツ界での仕事の可能性を広げるだけでなく、基本的ライフスキルとしての情報リテラシーを身につけるきっかけになるよう、心がけています。Vosaicをご導入いただいた演習授業への出張サポートも行っています。

実績(2021年以降)
・鹿屋体育大学様(特別講義「スポーツパフォーマンス分析への招待」 2021年
・桐蔭横浜大学様(スポーツ健康政策学部スポーツテクノロジー学科 2021年度非常勤講師
・芝浦工業大学様(公開講座「スポーツパフォーマンス分析への招待」 2021年
・東邦大学様(「スポーツ・健康科学」内 特別講師 2021年 2022年 2023年
・東洋大学様(「総合情報学演習Ⅳ」内 特別講師 2021年 2022年
・順天堂大学様(「体育科教育学ゼミナール」演習サポート 2022年 2023年
・順天堂大学大学院様(「球技の指導理論と方法」内 特別講師 2022年 2023年
・京都先端科学大学様(健康医療学部健康スポーツ学科 2023年度非常勤講師
・日本体育大学様(体育学部 2023年度非常勤講師、特別講義「スポーツパフォーマンス分析」2024年
・中央大学様(「AI・データサイエンス演習」内 特別講師 2023年
・東京理科大学大学院様(「防災科学概論」講義 2024年

それぞれの事業については、こちらからお問い合わせください。