ホーム » 連載『スポーツパフォーマンス分析への招待』第14回

連載『スポーツパフォーマンス分析への招待』第14回

連載『スポーツパフォーマンス分析への招待』第14回が掲載された「月刊トレーニング・ジャーナル」2021年2月号が、本日1月15日に発売されました。

連載 スポーツパフォーマンス分析への招待 14
「あなたの話なら聞くよ」と認められるために
ー アナリストを経験したコーチが語る「大事なこと」
橘 肇・橘図書教材、スポーツパフォーマンス分析アドバイザー
監修/中川 昭・日本コーチング学会会長

前回に引き続き「スタッフ間の関係」をテーマにしました。お話をお聞きしたのは、東京医療保健大学女子バスケットボール部監督の恩塚亨(おんづか とおる)先生です。昨年12月に開催された、第72回全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)において4年連続4回目の頂点に立ち、現在のバスケットボール界で注目される指導者の1人です。

私が恩塚先生と知りあったのは2006年、それから私が前職の会社を退社するまで、ビデオ分析ソフトウェアのユーザーとしての恩塚先生にさまざまなサポートを提供していく中で、アナリストとして、コーチとして、キャリアを積み重ねていく姿をつぶさに見ることができました。また、仕事に対するその真摯な姿勢には多くのことを学ばせていただきました。

チーム作りの根幹の部分にある「パフォーマンス分析」のツールを扱っていたからこそ、私のように競技に関する特に優れた知識のない者であっても、トップレベルの指導者の方と身近に接し、学ばせていただくことができました。それこそがこの仕事で得た最大の財産だと思っています。今回はその一端でも、読者の皆さんにお伝えできればと思いました。

ソフトウェアやツールの操作テクニックだけでも、競技に関する分析力だけでもない、「アナリストにとって大事なこと」。ぜひ、多くの方にお読みいただけますと幸いです。

ご購入はブックハウスエイチディさんのサイト、またはamazon等からお願いいたします。

(橘 肇/橘図書教材)