ホーム » 【コラム】Vosaic翻訳記事で知る教育の課題

【コラム】Vosaic翻訳記事で知る教育の課題

橘図書教材の取扱商品「Vosaic」のサイトの「ブログ」ページでは、メーカーのサイトにある記事の翻訳を掲載しています。Vosaicに興味を持ってくださった方々に、最新の機能や実際に使われている事例をお伝えしたく、英文記事が掲載されたらできるだけ早く翻訳するように努めています。

Vosaicの日本語サイトを開設して1年あまり経ち、翻訳記事の数が100本を超えました。改めてそれらの記事のタイトルや内容を眺めてみて思うのは、Vosaicのスタッフが書く記事から、アメリカ国内の教育に関するさまざまな課題が見えてくるということです。最近の翻訳記事のタイトルを見ても、

アメリカの教育の現状や課題について、私は正確に知ってるわけではありません。しかし、ここに並んでいる「過重労働」や「オンライン授業の課題」「教員の質の向上」といった事案は、日本でも共通するものでしょう。
それらの課題のごく一部でも、ビデオを使った適切な「振り返り」、評価や批判でない「省察」が改善や向上の一助になればと思ってます。

もう1つ、Vosaicにはさまざまなリサーチをしたり、文献を調べたりしてこれだけの記事を書くことができるスタッフがいるということも、非常に羨ましくも頼もしくもあり、今後も関係を続けていきたいと思う点です。

(橘 肇/橘図書教材)

タグ: