ホーム » 【コラム】看護教育でのビデオとパフォーマンス分析の活用

【コラム】看護教育でのビデオとパフォーマンス分析の活用

私はこれまで、パフォーマンス分析の導入をさまざまな分野で進めてきました。その中でも、とりわけ映像での振り返りの効果が高いと感じた分野の一つが看護教育です。

看護教育では問診、臨床でのさまざまな技術的対応、ベッドサイドマナー、そしてチームで動く場合のチームワークやリーダーシップ、フォロワーシップなど、さまざまな手順と、そして実践を学ばなくてはなりません。さらに、1つのミスが生死に関わるというプレッシャーも加わります。

看護学校や看護学部の学生の実習の際、行うべき手順がきちんとできているか、また適切なタイミングで適切な言葉のやりとりができているか、その振り返りから多くのことを学ぶことができます。しかし多くの場合、教員が目視だけに頼っていると、個々の学生に対して具体的なフィードバックを返すことは難しくなります。

こうした問題の解消のため、実習中にビデオを撮影している先生方にもこれまでお会いしてきましたし、過去にビデオ分析ソフトウェアをご導入いただいたこともありました。しかしソフトウェアの様々な制約から、教員自身が操作せざるを得なかったり、学生が視聴することが難しいといったことがあり、いつしか使われなくなっていったことは販売した側としても忸怩たるものがありました。

実際にフィードバックを効果的に進めるためには、教員が1人で評価をするだけではなく、学生たちに相互に評価(ピアフィードバック)を行わせることも効果的です。看護研究室でビデオ・ピアレビューを利用した研究では、「(生徒に)自信を持たせ」、そして「(生徒に)誇りを与え」という結論が述べられています(Rowanの論文)。

こうした看護教育の環境にまさに適したビデオ分析ソフトが、Vosaicなのです。

(イメージ写真:写真AC

Vosaicは、iPadが1台あれば収録しながら評価の入力(マークアップ)ができること、クラウド型でいつでも、どこからでも収録したビデオが見られること、そして、学生たちそれぞれに評価や改善のポイントを入力させることができます(しかも、人数無制限です)。

これによって学生は自分自身の実践中の行動を見て、どこが改善できるのか、自ら学ぶ機会を持つことができます。そして重要なシーンの目印(モーメント)には、教員がコメントを入れて示唆を与えることができます。

Vosaicをお勧めすることで、看護教育の未来に些かでも貢献できれば幸いです。


この記事はVosaic.jp内の記事「看護学校でのビデオによるパフォーマンス分析とピアフィードバック」を参考に執筆したものです(画像とも)。


(橘 肇/橘図書教材)
[ Provided by Vosaic ]

タグ: