ホーム » 【コラム】授業改善のための自己省察とビデオ活用

【コラム】授業改善のための自己省察とビデオ活用


この記事は、vosaic.comのブログ「Introducing Teacher Coaching with FACTS Ed and Vosaic」の翻訳に、筆者のコメントを加えたものです(画像とも)。


今、学校は人材面でも予算面でも苦境にあります。教員の不足、児童、生徒の減少への対応は急務ですが、それにはコストがかかります。限られた予算はまず児童、生徒に振り向けられるため、教員の指導力、授業の内容を改善するための投資は優先順位が低くならざるを得ません。教員の育成と継続的なサポートは学校や学区のリーダーにとって時間も労力もかかる作業であるため、状況はさらに悪化しています。

教員の指導力開発のために人材育成の専門コーチをフルタイムで雇うとしたら、そのコストは数万ドルでは収まりません。この数字だけでも、教員の指導力向上の取り組みを躊躇するには十分です。さらに教室で授業観察を行うとしたら、どんなに目立たないようにしても、それは教員にも生徒にもいつもと違う緊張感をもたらします。

けれどもあらゆる職種と同じく、教員にも仕事のための能力を訓練する機会が必要です。それは教員自身のためだけでなく、何よりも児童、生徒のためです。

(画像 写真AC )

教員の離職率と生徒の意欲

ギャラップ社(アメリカの調査会社)の調査によると、教員の自発的な離職の原因の60%は「もっと良い職業や成長の機会を求めて」というものです。同じ調査において、「仕事に意欲的に取り組んでいる」と感じている教員がわずか34%であるという、見過ごせない結果が出ています。教員の3分の2近くが自分の仕事に意欲的でないというこの結果は、まさに学校のあり方を揺るがします。

早く離職したいと思っている教員が、児童、生徒に良い影響をもたらすできるでしょうか。意欲を失った児童、生徒は、学力に否定的になり、友達も作れず、自尊心を低下させ、保護者からも期待されなくなるかもしれません。

改善をもたらす振り返り

児童、生徒の学習環境を改善する確実な方法は、教員が自分の指導実践についてしっかりと自己省察し、改善することです。それには、自分の指導実践を2つの視点から振り返る必要があります。

1つは「生徒の学習を促進する行動」、もう1つは「生徒の心が離れてしまう行動」、まずこれらの視点を理解することです。どんな職業であったとしても、より良い結果こそがやりがいを維持する源です。これが、継続的なサポートとコーチングを含む専門能力の開発が教員にも必要な1つの理由です。


Vosaic国内総代理店 – 橘図書教材より

Vosaicによる自己省察とビデオコーチング

上の調査はアメリカにおけるものですから、日本とは事情が違うのかもしれません。しかし学級の人数の縮小と大量退職による教員不足という現実、それに伴う採用の拡大と育成が急務になっていることは変わりません。

Vosaicはビデオによるパフォーマンス分析を活用した、授業診断、自己省察とフィードバックのためのツールです。授業中の教員の指導実践を、目的にあった診断項目を使って診断することができます。診断は授業中に第三者が行うこともできますし、もし診断者の存在が気になるなら、ビデオのみ収録して後で診断を行うこともできます。クラウド上のビデオによって診断者と教員がいつでも双方向に意見交換することができ、診断者と教員の間にあるギャップを明らかにし、埋めていくことができます。

授業診断・改善プログラムの提供

Vosaic日本国内総代理店の橘図書教材では、Vosaicの販売のみならず、授業の診断・改善に活かすためのテクニカルサポートも提供しています。また実際の診断項目や診断方法のノウハウについても、専門家との協力によるプログラムを提供する準備を進めています。ぜひ、お問い合わせください。

(橘 肇/橘図書教材)

[ Provided by Vosaic ]

Vosaicについて
Vosaicはアメリカ・ネブラスカ州リンカーンに本社を置くFACTSが展開する、教師教育、医療教育、指導者育成、専門能力開発のためのビデオプラットフォームです。数多くの教育機関、学区、医療機関、ビジネスコーチング会社等に採用され、授業診断・授業研究やシミュレーショントレーニングなどのフィードバック、自己省察など、専門能力の開発のために用いられています。

タグ: