ホーム » 連載『実践・スポーツパフォーマンス分析』第3回「スポーツアナリストの多様なかたち②」

連載『実践・スポーツパフォーマンス分析』第3回「スポーツアナリストの多様なかたち②」

連載『実践・スポーツパフォーマンス分析』第3回が掲載された「月刊トレーニング・ジャーナル」2022年3月号が、本日発売されました。

連載 実践・スポーツパフォーマンス分析 3
スポーツアナリストの多様なかたち
ー ②ネットワークと経験をサービス開発に
橘 肇・橘図書教材、スポーツパフォーマンス分析アドバイザー
監修/中川 昭・筑波大学名誉教授、日本コーチング学会会長

2月号に引き続き、データスタジアム株式会社様に所属する2名のアナリスト、藤宏明様と高橋朋孝様のオンラインインタビューをお届けします。今回の後編では、アナリストとして培ったネットワークや現場経験を活用した、さまざまなサービスの開発やその展開についてお聞きしています。

お2人が中心となって企画・主催している「スポーツアナリスト育成講座」、そして開発・発売しているスポーツ映像分析アプリの「MY TAGTIC」を中心にお話をお聞きしました。いずれもスポーツアナリストやスポーツパフォーマンス分析の裾野を広げ、かつスポーツパフォーマンス分析の専門家の事業領域を広げようという、業界のリーダーとしての取り組みだと感じました。

お2人のお話はアナリストを目指す学生へのアドバイスや、少年世代のスポーツ指導への映像やデータ分析の活用へも広がっていきました。特にスポーツアナリストや映像分析に興味を持った学生の皆さんに、ぜひ読んでいただきたいと思います。

書籍のご購入はブックハウスエイチディさんのサイト、またはamazon等からお願いいたします。

(橘 肇/橘図書教材)