【コラム】橘図書教材、出展中です – 日本スポーツ教育学会第42回学会大会 2日目

昨日から始まった日本スポーツ教育学会大会、協賛企業として会場内で展示をさせていただいています。台風15号の影響により、初日にご来場できなかった参加者の先生方が多くいらっしゃったようでした。先日の台風14号もあわせ、被災された方には心よりお見舞いを申し上げます。

(流通経済大学新松戸キャンパスにて開催中です)

さて、2020年からのコロナ禍により、ほとんどの学会が中止またはオンライン開催へと変更されてきました。私自身にとっても、同時期にスタートしたVosaicの営業活動ではスポーツ教育、コーチング教育の学会を最も大事な機会と考えていたのですが、先生方にほとんどお見せすることができませんでした。

もちろん、まだまだ油断はできませんが、対面での開催が再開されてきたのは嬉しいことです。

Vosaicにとって初めて、私自身にとっては独立後初めての学会展示、数ヶ月前から楽しみで仕方がありませんでした。パンフレットへの広告やPOP、YouTubeビデオを作ったり、会場への荷物の搬入方法を考えたり…年齢を重ねているわけですから、何か新しいアイディアを入れないとと思うのですが、出来上がった装飾は以前と変わり映えしないのが辛いところです。

(あ、リンゴ箱が見えとらい)

ともあれ、1人でも無事に設営ができました。主催の先生方の計らいで、展示会場は午前中は受付の近くに、午後からは発表会場のすぐ近くにと、絶好の位置に配置していただきました。こうしたお心遣いは、私たち業者にとって何よりありがたいことです。

(初日の午前中はここでした。広々していて気持ちのいい校舎です)

自分が「これ」と思って選んだ商品をご紹介し、学生さんや若い指導者の方の成長に繋げていただく。そんな思いで3年前、50年以上教育業界で仕事をしてきた橘図書教材の名前を引き継ぎ、事業をスタートしました。

Vosaicをご購入いただいた大学の先生がわざわざ寄ってくださって「模擬授業の振り返りで使いましたよ」「後期の授業でも使いますよ」と言ってくださったり、私の書籍について「2冊とも買いましたよ」と言ってくださったりすると、嬉しい反面、緊張した気持ちになるのも正直なところです。

2日目の今日は、松戸に向かう電車の中から晴れ間も見えていました。

(橘 肇/橘図書教材)